今日の英才教育

私の二人の子供の未来は果たして!?・・・彼らの傍らで響き、奏でられるいるものは。。。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

苗場のあんちゃん

先日ニューロティカの25周年渋谷Liveに行ってきましたが、
こんな事言ってました。
”夏Fes.のお呼びが一つも無い。でも!夏Fes.やるぜ。。。。LOFTで"
フジロックのブッキングは当日までルーズなところがあるので、
ギリギリまで出演を願っています。

そんな中、
アルペンスキー(回転)・皆川賢太郎選手と
フリースタイルスキー(モーグル)・上村愛子選手が
6/11に入籍との喜ばしいNews。

皆川選手といえば、苗場の星としてトリノの報告にフジロック’06のステージに上がり、フジロックでカレーを売っていたなどとフジとは馴染みの選手。
関連エントリー:FUJIROCK FESTIVAL’06 DAY 2
上村選手は言わずと知れた、国民的人気の世界の第一人者。

皆川選手は代表を獲得して2010年バンクーバー五輪では、
二人して今度こそメダルを手にして欲しい!と活躍を願うばかり。

そして二人で苗場フジロックに来てくれますように!
挙式の真似事でもして、盛大にお迎えしちゃいますよ!

二人の素敵な笑顔が見れますように!
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

KING OF LIVEのLAST STAGE

清志郎が亡くなって一週間。
これまでにも、解散、引退、そして死と幾つもの別れを経てきたけれど、
清志郎との別れからくる喪失感は、思う以上に大きい。
この穴を埋める為に、ニューロティカのフジロック出演!
。。。でも難しいか。

さまざまな処で、さまざまな形で見受ける
清志郎の死を悼む言葉
清志郎への感謝の言葉
そして清志郎との想い出
そんな中には、貴重な話なども見受けられ、
改めて清志郎を偲ぶ

胸の穴の輪郭がハッキリしてくるような気がする。

RCの頃から何度も足を運んだ清志郎のLIVE
清志郎のLIVEの後は、
ステージの上が紙ふぶきとクラッカーの紙テープで
グチャグチャになっていたのを思い出す

今日は、KING OF LIVE のラストステージ
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

新しいテレビの時代へ

草なぎ容疑者逮捕「そこまでやるか」…民主・鳩山氏が批判 :
政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


つよぽん“擁護”の声 石原知事「騒ぎすぎ」鳩山氏は…
(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース


スマップを敵に回しちゃあねぇ。
選挙もあるしねェ。。。

「裸だったら何が悪い!」
そうだ!そうだ!
      

エガちゃん!あとはまかせた!!!
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

映画 ヤッターマン

早期成立と煽っていながら、
ツケで借金してトンズラされそうだけれど、
借金してでもフジロックでニューロティカは見たい。

家族みんなで 映画『ヤッターマン』 を見てきました。

監督 : 三池崇史
出演 : 櫻井翔 、 福田沙紀 、 深田恭子 、 生瀬勝久 、 ケンドーコバヤシ 、 
     阿部サダヲ 、 岡本杏理
や〜楽しかった!!!
旧TVシリーズを下地に細かなネタも再現されて、
劇場で見るに値する迫力でした。
まるでミューズメント・アトラクション『ヤッターマン』かの如く。
またDVDで、家でワイワイ言いながら見たい。

話題のCASTも脇役もみんなキャラが起っていて良かった。
チビ達も ”面白かった〜!” と満足そう。
下ネタだって、ドリフとシンちゃんで鍛えたウチの子には、
毒にもなりましぇ〜ん。

でも現シリーズを見ている子供の目も厳しいようで、
アイちゃんのこことここに〇〇が付いてたでしょ〜
ボヤッキーとトンズラーの鼻のところに紐みたいのあるぅ〜
ヤッターワンの色がちがぁぅ〜
。。。と、彼らなりに気になるところがあるそうで、
まぁよく見てるなぁと関心したり。

私もヤッターワンとヤッターキングは、一色や板金丸出しで、
毎週塗装するのはガンちゃんも大変だろうとは思うけど、
もうちょっと活躍する様に
描いてあげてもいいじゃないかなぁ〜なんて。


しかし漫画でもアニメでも実写化すると、
迷/珍作か俳優のプロモ映画になりがちだけど、
これは素でなんてかっこいいんだ!と思い入った。
新解釈とか余計な事しなくていいのよ。現代のノリで振り切っちゃえば。

音楽も厚いオーケストラアレンジやビートの
効いた音に仕上げられていて
出動シーンなんかワックワク。

← クロマニオンズのヤッターキングの歌が
入っていないのが残念。
どっかで聞けるかな。

三池崇史監督は今エンタな映画作らせたら一番じゃないかな。
ケータイ捜査官7もまたヤッて欲しい!
(我が家にはフォンブレイバー3機が任務中)

次はヤッターペリカンでメカバトルか?!
子供にもわかるズコ〜とするようなフリで白ドロンジョ?!

ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない!!
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

東京さくら

桜も盛り、春風もここちよい季節になりましたが、
ニューロティカのフジ出演の開花宣言はまだ。

この週末に花見に都内をウロウロと。
東京の桜だってなかなかいいよ!

【深川界隈】



【代々木公園(春風/南部さん)】



【千鳥が淵】


雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2009 WORLD BASEBALL CLASSIC



第二回大会。
激闘/死闘を勝ち抜き連覇を成し遂げた "SAMURAI JAPAN"。
誇りを取り戻してくれた!ありがとう!!!

監督 : 原 辰徳(読)
コーチ : 伊東 勤 / 山田 久志 / 与田 剛 / 高代 延博 / 篠塚 和典(読)
/ 緒方 耕一(巨)
投手 : ダルビッシュ 有(北) / 馬原 孝浩(福) / 田中 将大(楽)
/ 涌井 秀章 (埼) / 松坂 大輔(BOS) / 岩田 稔(阪) / 岩隈 久志(楽)
/ 藤川 球児(阪) / 内海 哲也(読) / 小松 聖(オ) / 渡辺 俊介(千)
/ 山口 鉄也(読) / 杉内 俊哉(福)
捕手 : 城島 健司(SEA) / 阿部 慎之助(読) / 石原 慶幸(広)
内野手 : 中島 裕之(埼) / 片岡 易之(埼) / 岩村 明憲(TPA)
/ 小笠原 道大(読) / 村田 修一(横) / 川崎 宗則(福) / 栗原 健太(広)
外野手 : 福留 孝介(CHI) / 青木 宣親(ヤ) / 内川 聖一(横)
/ 亀井 義行(読) / 稲葉 篤紀(北) / イチロー(SEA)
相談役 : 王 貞治 前監督

1次ラウンド プールA 東京ドーム
日本 4 - 0 中国
韓国 2 - 14 日本
日本 0 - 1 韓国
2次ラウンド プール1 PETCO Park
キューバ 0 - 6 日本
韓国 4 - 1 日本
キューバ 0 - 5 日本
韓国 2 - 6 日本
準決勝 Dodger Stadium 
日本 9 - 4 米国
決勝 Dodger Stadium 
韓国 3 - 5 日本

2009 WBC All-Tournament Team
投手 松坂 大輔(日本)
投手 岩隈 久志(日本)
投手 奉重根(韓国)
捕手 イバン・ロドリゲス(プエルトリコ)
一塁 金泰均(韓国)
二塁 ホセ・ロペス(ベネズエラ)
三塁 李机浩(韓国)
遊撃 ジミー・ロリンズ(米国)
外野 青木 宣親(日本)
外野 フレデリク・セペダ(キューバ)
外野 ヨエニス・セスペデス(キューバ)
指名打者 金賢洙(韓国)

2009 WBC "MVP"
松坂 大輔(日本)

関連エントリー:2006 WORLD BASEBALL CLASSIC
JUGEMテーマ:スポーツ


雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

楽しく生きる


清志郎 ライブ飛び入りリハビリ宣言 / スポニチ

「楽しく生きる」
考える程になんて重く、深い言葉だろう。
"楽しく過ごす" "楽しくやる" でも、
"今を大切に" "今を生きる" でもなく、
『楽しく"生きる"』

ことよろ

夢助
夢助 / 忌野清志郎
雑ネタ | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

有料音楽配信も本格化!?

月額1280円で聴き放題、ナップスターが新サービス
YOMIURI ONLINE(読売新聞)
タワーレコードの子会社のナップスタージャパンは3日、インターネットを通じて190万曲の音楽を配信する会員制サービスを同日午後10時から始めた。
配信は洋楽が中心で、サービス開始時点の音源提供会社は東芝EMIなど276社。今後、邦楽の提供社数も増える予定だという。
全曲聴き放題の月額定額制を本格的に提供するのは国内では初めて。月額1280円(税込み)で会員期間中は何曲でもパソコンなどにダウンロードできる。
ナップスターは、今後3年間で100万人の会員獲得を目指す。

"Napstar" 懐かしいですね。以前はお世話になりました。所謂違法ファイル交換というものですが、Napstar後も幾つかのアプリを使った事もありましたが、今ではほとんど使う事が無くなりました。使い方がよく解らなくなった。。。
今ではレコード会社やポータルサイト等、多方面からネットで有料音楽配信が行われていますが、これらも使った事が無く、iTMSのようなものも、携帯プレイヤーを持っていないので縁が薄い。携帯電話向けの音楽配信も、私の電話にはカメラすら付いていないから論外。
そんな貴重な?私も、音楽好きとしては、これらのサービスを羨むものですが、どうもこれらのサービスに対して、今は積極的になれません。

* レコード会社が配信に提供するカタログの対応状況がまちまちで、欲しいものが手に入るのか不確定。
* ざっと見た限りでは、メジャーな洋楽好きな人向けっぽい(私も含まれるとは思うが?!)
* 何処で買えば?買えるのか?、よく解らない。(iTMS, Mora, Yahoo, Oricon etc.)
* 価格はおよそ1曲¥150〜が相場のようですが、曲により値段も様々で、この1曲がとにかく欲しいという限りで無ければ、決して安いとは思えない。
* ダウンロードしたファイルがどのような形式で、それがどう扱えるのか?これも様々でよく解らない。PCに音楽再生ソフトが幾つも必要になりそうだし、携帯プレイヤーへの対応も解らない。
* 購入したファイルの音質云々を言うほど、私自身煩いわけではないが、それが良く無い事は解る。

とまぁ使った事が無いから、解らない事だらけ。
今回のNapstarも、少し様子を見たいところですが、定額制や参加レーベルの多さ(iTMSに無いSME等国内各社はほぼ参加)、国内会社であることからの邦楽配信への期待、DOCOMOとの提携などなかなか魅力的なものがあります。

この音楽配信サービスは、日本ではどのように根付くんでしょう。当分は欧米の様に一律価格で出すなんて無いだろうし、またカタログの充実も気になるところ。
CD(セルパッケージ)の販売もどうなるか。定価が下がる切っ掛けにぃ・・・ならないか。だから一律価格じゃないんだろうし。まぁ無くなるという心配はないでしょうね。紙ジャケ再発で喜ぶ国だし。欧米では、配信販売との相乗効果からか、幾分CD販売に好調さが見えてきたようで、そういう共存がいいですね。音楽がネット配信で完結するなんて味気無い世界は嫌だ!

HMVも近く同様サービスを開始するそうで、そろそろ日本も大方出揃った感もあり、いよいよ私も利用に踏み切るか!?
雑ネタ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
最近のツボ